toggle
2018-01-05

第1期・台所と料理の心得レッスン(家庭料理の基本)前半のレポート

10月からスタートしている家庭料理の基本のレッスン。

こちらは、調理の基本的なテクニックや食材の扱い方はもちろん、台所に向かう自分自身を見つめ整えていく機会をつくることも目的に開催しています。

1ヶ月に1回ペース、全6回で構成されており、現在平日コースと土日コースともに前半の3回を終えました。

1回目 お米の扱い方と炊き方、鰹と昆布のお出汁、いりこのお出汁

日本人の主食であるお米の扱い方と和食の最も基本となるお出汁のひき方について実習と座学をしました。

また、土鍋や琺瑯鍋で炊いたごはんを、三角と俵型のおむすびに一人ずつ握って頂きました。

日常当たり前すぎて、こんなにもゆっくりと丁寧にお米やお出汁に向き合うことってなかなかないことだと思います。

でも、日常だからこそ、そこに宿る精神性を大切にする意味があります。

こうやって、ごはん、おむすび、お出汁に敢えて焦点を当てる場を作ったのは、意識しなくてもできることなので、どうしても日常生活の中に埋もれてしまうからです。

そして、シンプルだからこそ誤魔化しがきかず、今の自分自身が反映されます。

少しだけ、食材の命と自分の命を向き合わせ、丁寧に扱う感覚を味わって頂けたら、自分自身のその行為自体が自分に与えてくれる喜びに気づくのではないかと思っています。

この日、とても澄んだ空気が漂っていました。

2回目 陰陽と中庸を基軸にした重ね煮の考え方と実践

重ね煮に関しては、その調理法だけでなく、重ね煮が何を意図し何を表現しているのかという視点を、私なりの学びや解釈を交えながらお伝えしました。

重ね煮の根幹をなす大切なお話をした上で、家庭料理での実践例を私のオリジナリティも加えてご紹介し、みなさまに試食して頂きました。

少ない調味料でこんなに美味しくなるのかと、大好評でした。

また、これまで重ね煮をやってみたことはあるけど続かなかったという人からも、日々お家のお料理で活用しているといったご報告を寄せて頂いております。

重ね煮の大切なところを知り、そこを理解することで、こうしなければいけないという縛りから解け、ゆるやかに楽しんでお料理することに繋がっていくように感じます。

食材や調理の中庸を見ていくことを通して、私たちにとって中庸ってなんだろうかと考えるきっかけになっていたら嬉しいです。

3回目 ローストビーフの調理で火の入れ方とタンパク質の変化を見る、ドレッシングの乳化について、塩と醤油の選び方と味比べ

まず、ローストビーフを焼くときの温度管理の仕方や、どのように温度変化を見て火を入れていくのかを実演しました。

火は通っているけど色はきれいなロゼ、かたくならずしっとりと焼き上げることを目指します。そのためには、ある程度科学的に温度とタンパク質の変化を見ていく必要があります。

少し実験的な面白さもあります。

ローストビーフの調理は様々な方法がありますが、基本の考え方を覚えておくと、どんな形でもどれくらいの重さでも、どんなタイプの牛肉でも、応用しやすくなると思います。

ドレッシングの乳化の基本を見て頂くため、ソースヴィネグレットを作り、きれいな色のお野菜と一緒に盛り付けました。

試食のあとは、塩や醤油の種類についてお話しながら、みなさんで味比べをしました。

特にお醤油は1本買うしか味をみる方法がないため、とても喜んで頂きました。

それぞれ好みの味や衝撃の味!が発見できたようです。

家庭料理の基本・1月はお魚料理、下処理のコツです!単発受講も募集中

今年は4回目から後半のレッスンがスタートします。

基本的に連続講座ですが、お席がご用意できる場合は単発受講もお受けしております。

1月のテーマは「家庭でつくる魚料理の基本、魚の扱い方や美味しく調理するための下処理の仕方」などを実践と座学を交えてお話します。

ご興味がありましたらお気軽にご参加ください。当サロンでは、お料理がお好きな方はもちろん、お料理が苦手な方も大歓迎しております。

1月の単発募集
【日時】

1月19日(金)10:30~13:30(残席1)

1月21日(日)10:30~13:30(残席3)

【場所】

広島市安佐南区祇園(詳細はお申し込みをいただいた後にご連絡致します)

【参加費】

6000円(当日現金でのお支払いをお願いしております)

【その他】

お子さま連れでのご参加が可能です

【お申し込み】

〉〉こちらのフォーム〈〈 からお願い致します

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください