toggle
2018-01-07

私がこの講座をやりたい理由・・・少し過去を振り返ってみる。

今月23日、広島市に講師を招いて女性とこどもの身体、健康、発達などをテーマに講座を開催します。

この講座の詳細はこちらから⇒『私たちのカラダどうなってるの?スペシャル講座』

 

この講座、どうしてわざわざ広島で開催しようと思ったのかを年末年始ずっと考えていました。
この作業って、まさに自分との話し合い、自分との相談という、内観することに繋がるんですね。

それで、まずは少し、自分の話をさせて頂こうと思います。

私は大学で西洋医学中心の学びを経て、理学療法士という仕事をしていました。

多くの人が入院するような比較的大きな病院も経験しましたし、外来中心の地域のクリニックも経験しました。

その中で、同じ病名、同じ手術、同じくらいの年齢、同じ性別であっても、たどる経過が全く違うこと。明らかに症状としてはひどいのに、痛みを感じない方。状態は良さそうに見えるのに、痛みが全くとれない方。数値、画像、外側からの検査や評価からは大きな異常がなくても、どうしても不調が改善しない方。逆に数値的には異常でも健やかに生活されている方・・・

小さな子どもから100歳近い方まで、様々な人の身体に触れ、人生の一瞬に関わらせて頂きました。

その中で、常々考えてきたことは、「健康ってなんだろうか?」ということです。

(お恥ずかしいですが、当時の私・・・)

私が学んできた西洋医学的視点だけではどうしても人の全体像、人の健康を捉えることができない、もっと違う視点も取り入れたいというところから、理学療法以外の学びをはじめました。

と、ここまでは建前上の話です。笑

もちろん、仕事での経験が新しい学びの大きなきっかけではあったのですが、それが建前上の話だったことに気づいたのはもっと後のことになります。

栄養学、心理学、哲学、ホリスティックセルフケア、ホロソフィー、東洋思想・・・様々なことを学ぶ中で、結果的に私は、私自身の心身と向き合わざるをえなくなったのです。

 

私は、大学生のときに、ある研究の被験者になったことをきっかけに、かなり重度の骨粗鬆が発見されました。

骨密度が少し低いね・・・というレベルではなかったため、様々な可能性を考え、検査をし、大学病院までも行きましたが、結局原因はわからないままでした。

その影響もあってか、大したことをしていないのに足のゆびの骨折、二度の出産経験がありますが、その都度いきむ力で肋骨を骨折しています。

さらに産後は肋骨骨折を一つのきっかけとして、背中の強烈な痛み、腰の強烈な痛み、慣れない育児、睡眠不足・・・に加えて、家族の大きな問題が生じ、心身共にボロボロでした。

陣痛でも痛いとか声さえ出さなかった私ですが、産後の身体の痛みはもうなんというか・・・悶絶するほどの耐えがたい痛み。その痛みの中で授乳やおむつ替えをしなければならないので、しばらく身体を完全に寝た状態にできず、身体を起こしたまま座ってクッションを支えにして夜を過ごしていました。

その中で、私はある人に言われた言葉があります。

「痛みには色々な原因があるから、なかなかその原因を特定するのは難しい。でも、一つだけ確かなことがある。それは、今のやり方はあなたにとって違うということを教えてくれているということですよ。」

それは、身体の使い方かもしれないし、生活の仕方かもしれない、もしかしたら考え方かもしれない。もっというと、生き方かもしれないね。・・・と。

そのときの衝撃は、今でもはっきりと覚えています。

「私は、どれほど自分の身体や心を蔑ろにしていたんだろうか」

患者さんのため、仕事のため、家族のため、子どものためと言いながら、最も傍で、最も静かに、最も支えてくれていた私の身体と心の声をどれだけ無視してきたのだろうかと、本当に本当にショックでした。

それからは視点が変わって、まずは私の身体や心と向き合おう。本当に大切にしたい人がいるのなら、同じように自分を大切にしよう。自分を大切にするためには、どうなっているのかを知ることからだ~!笑

みたいな感じで(だいぶ端折ってますが)、学びたいと思ったこと、聴いてみたいという話があれば、1歳にならない娘を抱えて行きました。新幹線で何度も大阪、福岡、東京・・・と、広島では開催されない講座にもどんどん行きました。

その中で、それまで抵抗があってできなかった、子どもを託児に預けること、人にお願いすること、家族に協力してもらうこと、やりたいことを自分の意思で実現すること、その揺るぎない想いを伝えていくこと、そういった、講座の内容以上のことを培っていったように思います。

(私の人生まだまだ紆余曲折ありますが、本題から外れますので控えます。ご興味があれば講座など会いに来て頂ければと思います。笑)

(娘と母を連れて東京に学びに行き、青山のこどもの城で遊んで待っていてもらいました)

 

それで、本題に戻しますが・・・

なぜこの講座を広島でやろうと思ったかというと、一つは、私自身が学ぶことをきっかけに本当に生きやすくなったし、私自身の健やかさを取り戻したからです。

そしてそれは、少なからず家族に良い影響を与えてきているのです。

 

今回はホロソフィーという一つの哲学をベースにしたお話ですが、正直に言いますと、私はこのホロソフィーという考え方を広めたいために講座を開催するつもりはありません。

個人的にこのホロソフィーの考え方は好きですし、今回の講師である中壽賀宣行さん(通称スガさん)も、お呼びできなかったけどもう一人の講師ヒロさんも、一緒に施術を学んだJO(スタッフの方々)も、みんな好きです。本当に、楽しくて優しい人ばかり。

でも、私はこの考え方に傾倒しているわけではありません。それは、実際に会って話をしている方には伝わっているような気がします。

もし講師が、この考え方やこの身体の見方の正しさだけを主張するための講座だったら、私はわざわざ招致をしなかっただろうと思います。

 

人にはそれぞれの世界感があるのですよね。
私には私の、あなたにはあなたの、正しさ、主張、思想、哲学があるのです。

健康に関わる情報、アプローチの仕方も多種多様で、色々な人が色々なことを言っています。どれもそれぞれにピンと来る人がいて、役に立てること、効果を出すことが何かしらあるから社会に浸透して残っているのだと思います。

ただ、同じところから見続けている限り、その枠の中でしか考えられなくなってきてしまうものです。

違う立ち位置から見てみること、違う立場で語る人の主張を聴くことは、決して自分の信じているものを否定することではありません。

一度その立ち位置から離れてみる。そしてまた戻ることで、自分が取り組んでいるものに広さと深さを与えることになる、と私は考えています。

だから、子育て中の方、女性はもちろんですが、男性も、セラピストさんや施術家さん、人に伝える立場の講師業をされている方にも来て頂けたらいいなって、個人的には思っています。

二つ目の理由は、私は広島から学ぶために動き回ることができましたが、そうできる人ばかりではないのも知っているからです。

実際に、わざわざ交通費と宿泊費と受講費を使って学びに行ったのに思った学びとは違ったり、ぜんぜん役に立たなかった・・・というようなものもありました。(違う意味で役に立っていますがそれはまた別の話)

だからもし今、今までのやり方とちょっと違う視点も知りたい、新しいことを学びたい、何か改善するきっかけがほしいという「知りたい」という想いがあるなら、それを実現させるためのハードルをできるだけ下げたいなって思うのです。

今回の講座は、広島ではなかなか聴けないお話です。

しかも様々な学びをして色々と失敗もしてきた私だからこそ、本当におすすめできる講師と講座しか招致はしていないつもりです。

価格の問題、時間の問題などあるかもしれませんが、この内容でこの価格でこの時間と、私がトータルで納得できるものでしかやりません。

 

色々な理由で本当は聴いてみたい話だけど・・・と、諦めてしまう気持ちも理解できます。でも、いつもと違うことでちょっとがんばってハードルを越えてみたときにしか、大きな気づきは起きないものです。

それを、私は自分の人生を通して実感しています。

だからもし興味をもってくださっていて、学びたい気持ちが根底にあるのなら、少しだけ工夫してみてほしいのですね。

例えば、子ども連れでも遠慮せずに人の目を気にせずに来てみること(そのために子ども連れOKを掲げています)、ご家族や専門家に頼んだり任せてみること、ご家族に学びたい心の内を伝えてみること、職場の人に相談してみること、家事や生活をシンプルにして時間やお金を捻出してみること、などなど・・・

それぞれに工夫できることで思いつくことがあるのではないかと思います。もちろん、学びたい、知りたいという気持ちがあることが前提ですが。

もし結果的にこの講座に参加できなくても、そのいつもと違うことに取り組んだ勇気をご自分で褒めてあげてください。決して無駄になることはないと思います。これは、ただの私からのお願いです。

さて、最後になりましたが、私自身のテーマでもある心身の健康についてです。

たくさんの学びを経て、今やっとすべてが繋がり、形にできるところまでになってきました。もちろん、私の様々な心身の問題全てが解決して、なんにも不調がなくて超元気!というわけではありません。

だけど、以前よりずっと自分の身体に注目してあげています。不調の原因を大きく捉えて俯瞰し、自分でケアする手段もたくさん持ち合わせ、その状況に合わせて取り組むこともできます。自分の身体に対する安心感も信頼感も、そして感謝も増しています。

どうして骨粗鬆症になって、どうしてあのとき骨折して、どうしてあのとき身動きがとれないほどの痛みに襲われたのか・・・医学的には原因不明で終わりましたが、それも自分の中で腑に落ちる理由が見えてきました。

自分の問題から目をそらし、何かのためと大義名分を掲げ意気込んでいたところから、自分ごととして心身に向き合い始め、今は、自分の経験から人に貢献できることは何か?ということを考えられるところに至っています。

悲しかったことも、苦しかったことも、幸せだったことも・・・その全てを使って、今時点の私が表現し伝えられることってなんだろう?を体現しているところ。

そしてそれを受け取ってくださる人がいて、共鳴できるところにいきつつあるような気がしています。

ぐるりと随分廻ってきましたが、本当に学んでよかった。あのとき、このままではいけないと一歩踏み出した自分を、自分の人生を本気で考えて取り組み始めた自分を褒めたいなって思います。

だから、私もまだまだ学び続けますし、もしご一緒できる人がいると、本当に嬉しいのです。

 

関連記事はこちら⇒『私たちのカラダどうなってるの?スペシャル講座』

すぐにお申し込みの方は〉〉こちらのフォーム〈〈 からお手続きをお願い致します

 

講座詳細
【日時】

2018年1月23日(火)10:15~16:30

第一部(10:15~12:15) 情報迷子にならないための「からだのホント」

第二部(13:00~16:30) お母さんに聞いてほしい(年代別)お母さんとこどものカラダとココロの変化 対処法について

【会場】

ナチュラ@光町 広島市東区光町1丁目8-20 プレジデント光が丘201号(広島駅北口より徒歩6分)

駐車場は近隣のコインパーキングをご利用ください

【受講費】

第一部 7000円(税込み)

第二部 15000円(税込み)

事前のお振り込みをお願い致します

【講師】

日本ホロソフィー協会会長 / 施術院「奏」院長 中壽賀宣行 先生

 

 

 

【講座内容】

第一部 情報迷子にならないための「からだのホント」 (10:15~12:15 受講費7000円)

中壽賀先生より・・・

よく、「〇〇は身体に良いのですか?」とか、「こういう症状の時はどうすれば良いですか?」 と聞かれます。 でも、同じ顔の人がいない様に、人間の身体にはそれぞれ個性があり、「これ!」というものは存在しません。
また、症状や病気というものは無限にあり、原因も様々です。 なので、それだけを聞いて一概に「こうすれば良いです。」と言えることはほぼありません。 

ただ、一つだけ言えることは、「身体は完璧なので間違ったことはしない。」ということ。

最近はインターネットの普及や各地で開かれているセミナーのお陰で誰でも簡単に学べる様になりました。お陰で今まで知らなかったことが簡単に知れる様になった反面、情報が多すぎて「何が正解かわからない。」という方をよく見かけます。自分や家族がより良く生きるために学び出したのに、結果的に家族がギクシャク。これでは本末転倒です。

そうならないために、まず必要なことは

そもそも、身体がどの様な仕組みで、どう完璧なのか?そして、症状よりも「そもそも病気や症状って何なのか?」や「何でなるのか?」を知る必要があると思います。

その一番大切な「根っこのところ」をわかって貰えれば、どんな枝葉の情報も「あぁ、こういうことか。」とその都度思って頂けるかと思います。

また、自分や自分の周りの人の身体が起こす色々な症状にも「根っこ」さえわかっていれば「ま、これくらい良いか。」と白黒ではなく、グレーが判断して頂けるかと思います。

この講座では、最も基本的で、最も大切なそもそもの身体の仕組みや本質をわかりやすくまとめた内容になっています。
そのため、情報が多すぎて何がホントかわからなくなった。という方だけでなく、身体のことを基本から学びたい方、Holosophyの身体の見方に興味のある方など、基本から学びたいという方に最適な講座です。

きっと終わる頃には「身体ってすごい!」と思え、普段の不安が軽減されるだけでなく、身体が出す色々なサインもある意味愛おしく思って頂けるかと思います。

内容のPoint

  •  健康って何なのか?
  •  身体の本質って何なのか?
  •  症状って何で起きるのか?
  •  なんで病気になるのか?
  •  どうすれば良いのか?
  •  心との繋がり

第二部 お母さんに聞いてほしい(年代別)お母さんと子どものカラダとココロの変化 対処法について(13:00~16:30 受講費15000円)

中壽賀先生より・・・

女性は子どもを宿すと母になり、子どもさんは乳児期、幼児期、学童期、思春期を経てカラダだけでなくココロも変化していきます。

その変化を身体の構造や機能を通して見ていくと、カラダがいかに完璧に出来ており、それに伴って何でココロが変化していくのか腑に落ちると思います。

♦生理痛は何で起こるのか?
♦妊娠中のトラブルは何で起こるのか?
♦ イヤイヤ期や反抗期は何であるのか?
♦ 更年期はなんであんなにしんどいのか? どう対処すれば良いのか?

それがわかっていれば、その都度悩むことが減るだけでなく、自分自身や自分の子どもさんを更に大切にしようと思え、接し方も変わるかと思います。

当たり前のことがいかにありがたいか、ご理解頂ける講座になっています。

内容のPoint

  • 生理痛や子宮筋腫など女性特有のトラブルの理由と対処法
  • つわりや逆子など妊娠中特有のトラブルと対処法
  • 乳児期の発達の理由
  • イヤイヤ期、反抗期の理由と対処法
  • 年代別のカラダとココロの変化
  • 臭いが変わる理由

【その他】

  • お子さま連れ可能な講座となっております。主催者側でも皆様が学びやすい環境作りに配慮致しますが、怪我や施設備品の破損等がないように見守りをよろしくお願い致します。
  • お子さまのオムツ換え、授乳、休憩用に畳のお部屋をご利用できます。
  • 飲食は持ち込み可能です。また、ご都合に合わせて自然派食彩工房apaiserさまのお弁当(1000円以内)を手配致しますので、ご希望の方はお申し込み欄に忘れずご記入ください。
  • ゴミのお持ち帰りにご協力をお願い致します。

【お申し込み】

〉〉こちらのフォーム〈〈 からお手続きをお願い致します

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください