toggle
2019-06-30

広島にて『陰陽五行がわかる講座~日本編・五行ごはん付き』開催しました!

陰陽五行から読み解く日本の文化や風習

各地で開催させていただいているこやまとしのりさんと五行ごはんのコラボ講座。

今回は久しぶりの広島で、日本の文化や風習に陰陽五行がどう関わっているのかを読み解く内容で開催致しました。

何気なく訪れている神社仏閣、催される日本の伝統的行事など、実は陰陽五行が深く関わっていることをご存じですか?

例えば結婚式で行う三三九度。

なぜ、3、3、9という数なのでしょうか。

七夕の笹の葉飾り「五色の短冊~♫」や、鯉のぼりの吹き流し、おせち料理、なぜあの取り合わせなのでしょう。

考えてみると、日本に生まれ育っていてもわからないことばかり。

それを陰陽五行を知って見ていくと、腑に落ちること、理解できることがたくさんあります。

日本文化の中には、太古の人々が託した想いの結晶がちりばめられているのです。

陰陽五行が教えてくれる本当の豊かさ

思想や哲学を学ぶことは、明日からの生活に直結するツールにはならないかもしれません。

日本の文化の中に陰陽五行が息づいていることは、知らなくてもべつに問題なく生きていけるのかもしれません。

「この方法論でいくと、こうなる!」

という、わかりやすい結果が示されるような学びのほうが魅力的かもしれません。

では、思想や哲学を学ぶことは無駄なことでしょうか。

もしかしたら無駄かもしれない。

何も得られないかもしれないし、結論は出ないかもしれない。

それでも、ただ自分の好奇心のままに選び取ることができたら、それは「無駄とも思えるようなことに時間やお金を使えるほど豊かである」という前提をつくります。

学ぶときに、どうやったらうまく生きられるかという方法論に向かいたくなるかもしれませんが、本当に豊かなことは、自分の想いや好奇心に従って夢中になれることのほうなのではないでしょうか。

私自身のことを言わせていただけるなら、私は思想や哲学に触れ、考えを巡らせたりそれについて人と語り合ったりすることで、どんどん豊かになったなあと感じています。

それは、物質的にという意味を超え、心身ともにという意味において。

だからきっと、この講座をご一緒できた方々とは、本当の豊かさを共有できたのではないかなと思っています。

五行ごはんの中にも豊かさをみる

私にとっては、五行ごはんを作ることもそうです。

五行の色と味という二つの要素で括られた世界の中で、私はどんどん自由になっていくことができます。

この身体に閉じ込められた無限に広がる宇宙のように、五行ごはんの中にも、きっと私の宇宙が広がっている。

そのことに気づけたことも、私を豊かにしてくれました。

みなさまと一緒に思想、哲学を学び、同じごはんを食べられたことをとても幸せに思います。

ご参加いただきまして、ありがとうございました。

7月31日(水)より、陰陽五行とも関わりの深い東洋の古典「易経」を本格的に学ぶ連続講座「易マスター講座広島2期」がスタートします。

こちらも本当におすすめです。

難しい学びではありますが、私も僭越ながらサポート致します。

ぜひ好奇心に従って、ご参加いただけたら嬉しいです。

「易マスター講座・Natural processランチつき 広島2期」ご案内 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください