toggle
2017-09-01

今日という日に感謝を込めて、「今までも、今も、これからも」。

今年は、さりげなく静かにスルーしようかと思っていましたが、書きたい言葉が湧いてきたので残しておきたいと思います。

8月が終わり、今日から下の娘も幼稚園。

日差しは強いけど、空は高く青く澄んで、風はとても涼やかな秋の日です。

今日、私はまた一つ歳を重ねました。よく考えてみると、ちょうどこのブログも一周年。

そんなに記事を書いていないことは悔やまれますが(笑)、このブログを始めてから、本当にめまぐるしい変化がありました。

 

引越しをして環境が変わり、サロンNatural processを立ち上げ、新しい仕事も始め、人生観を変えてしまうほどの出会いもありました。

外界のことだけではなく、私自身の内側の変化も凄まじく、見え方、感じ方、受け取れるもの、発することができるものも変わってきたように思います。

先日、信頼している方の施術を受けましたが、その中で「感情をたくさん溜め込んでいる」というのがありました。

頭ではクリアできたと思っていても、過去から今に至る強烈にネガティブな記憶は、私の身体の奥深くに閉じ込められたままになっているのかもしれません。

そのとき、その瞬間に、「悲しかったんだ、苦しかったんだ…」ということを認め、そのまま感じて表現できていたら、もしかしたらそんなものを今の今まで身体に刻んでいなくても良かったのかもしれません。

それでも、そのとき私は、それができなかったのです。自分を守りながら、精いっぱい生きていたから。

思い出してみると、やっぱり胸を締め付けるようなこともあります。だから、溜め込んでいる感情がまだまだあることには気づいていました。

でも、それは今の私ではなく、過去の私が苦しんでいるんだなと、その悲しみや苦しみは、今の私のものではないんだなと、客観視できるようになっただけでも、良くなってきているんじゃないかなと思ってます。

以前は、そういうものをなんとか解決したいと必死だったけど、今はそれすらどうでもよくなってきて、

過去の記憶か、トラウマか、インナーチャイルドか・・・なんだかよくわからないけど、溜め込んでたって、持ってたって、いいじゃない。

もしかしたら、そういうものがないほうが生きやすく、動きやすくなるのかもしれないけど、時にそれに苦しんだってだって、思い返して涙が出るときがあったっていいじゃない。それが、今の私なんだから。

そんな風に、胸を張って言えます。

今の私は、自分の人生を、とても気に入っています。

過去も、今も、これから先も。良かったことも、悪かったことも含めて。

私は、私の経験を通してしか自分を表現できないのだから、その経験全てが私の財産です。

好きな小説の中に、こんな文章があります。

「人は、変えられるのは未来だけだと思い込んでいる。だけど、実際は、未来は常に過去を変えているんです。変えられるとも言えるし、変わってしまうとも言える。過去は、それくらい繊細で、感じやすいものじゃないですか?」 (平野啓一郎 著 「マチネの終わりに」より)

私にできることは、過去にも未来にも繋がる今を、ただ精一杯生きること。そうすることが、いつかの未来に、今も含めての過去を素晴らしいものにするのかもしれないな、と思うのです。

 

今までも、今も、これからも、私に関わってくれた人に、

そして、今日まで生きてこれた私自身に、私にできる精いっぱいの感謝を込めて。

 

ありがとうございます♡

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください