toggle
2016-09-01

今日という記念日に、新しいブログ始動します!

 

Risa's blog-logo

はじめましての方も、以前のブログからご存じの方も、このブログにお越し頂きありがとうございます。

アメブロからこちらに引っ越しを決意し、夏の間こどもと戯れる合間を縫ってWordPressと格闘しておりました。

満を持して・・・とはいきませんが、今日から9月スタート&新月&私の誕生日ということで、私にとってちょうど良い感じのこの日に新しいブログをスタートします!

 

自分の身体と心に目を向ける

あなたは、自分の身体や心の状態に応じて日々の選択をしていますか?

食べるもの、身につけるもの、時間の使い方、関わる人、など、自分の身体と心を基準に選択していますか?

私は長い間、そんなことを考える余裕もなく・・・と言うより、自分の身体や心の状態に目を向けるという視点さえなく日々を過ごしていました。

大学を卒業し、病院で理学療法士として働いていた頃のことです。

人の健康に関わる仕事をしているのに、自分の健康については放置状態。

当時の私にしたら一生懸命やっていたんだと思いますが、自分の身体と心はどんどんと疲弊していきました。

20代という若さで、いつも疲れていましたし、いつも不満をたくさん抱えていました。

「どうしてこうなるんだろう?」

「こんなことに意味があるんだろうか?」

「もっと違うやり方があるんじゃないだろうか?」

そんな鬱々とした日々でした。

 

患者さんとの関わりと、私の身体を通して気付いたこと

結婚を機に職場を変わっても、状況は大きく変わりませんでした。

心身がへとへとになり、首や肩や腰が痛く、手もしびれるような状態で、毎日時間いっぱいの患者さんを担当していた時期、直感的に、「この状態で仕事をしながらでは、私は良い形で妊娠や出産を経験することができないのではないか。一度立ち止まろう。」そう思い、退職を決意してその意思を伝えました。

退職に向かって、担当していた患者さんを一通り見届けた頃、タイミングを見計らったかのようにおなかに赤ちゃんがやってきました。

 

妊娠中、仕事をしない間、それまで臨床で感じていた

「病気になる前に防いだり、自分の身体の変化に自分で気付き、自分で管理できたりする人が増えたらいいな」

「同じような病気や怪我、手術をしても、元気になったと感じる人と、いつまでも元気にならないと感じる人がいるのはどうしてだろう?」

ということなどを知りたくて、栄養学、食育、心理学、ついでに料理まで、興味のあるところから時間の許す限り学びました。

 

さらに深まる謎。人間の身体と心の神秘に魅了されていく

学べば学ぶほど、新しい発見があり、新しい視点が加わり、同時に疑問も深くなっていきました。

そんな日々の中で出産をし、育児が始まると、人が生まれ発達していく面白さに魅了されつつ、新米母としてのたくさんの葛藤を経験しました。

育児を通して、それまで放置し続けていた自分自身の心身の問題に向き合うことを余儀なくされました。

たくさんの学びがあり、少しずつ強くしてもらい、自分と向き合い乗り越えることを決意しました。

hands-1281835_640

二人目の出産でさらに広がる世界、ホリスティックという見方

二人目の子は一人目にはなかった乳児湿疹が出たことで、湿疹について、皮膚について調べていたところ、そこから新しい出会いがたくさんありました。

それまで医療の視点で見てきた身体に出る症状について、多くの人が様々な切り口で発信していることを知り、その中でホリスティックという言葉に出会いました。こんな考え方、見方があったのかと目から鱗でした。

私が知りたかったのはこれだったんだと、深く心に突き刺さったことを今でも覚えています。

 

それから約1年間は、実際にお会いしたい、会ってお話しが聞きたいと思った方にはできる限り会いに行きました。

知りたいと思ったこと、学びたいと思ったことは、それが正しいかどうかではなく、楽しいと感じるかどうかと言う視点で飛び込んで行きました。

本当に、広島から新幹線で色々なところに出向き、たくさんの人に出会い、たくさんのことを学び、とてもとても楽しい時間を過ごしました。

その学びと出会いのおかげで、それまで自分だけのために学んできたことを、必要としている他の誰かに伝えるということを始めました。

私にとって新しい挑戦でした。

 

これからも繋げて行きたいこと

昨晩、色々な出来事を振り返っていると、自然に涙が溢れ、「この世界に命を与えてくれてありがとう」という言葉が浮かびました。

恥ずかしながら、そんな風に心底思えたことはなかったような気がします。

私が今日まで学んできて、今の時点で感じている大切なことは、とてもとてもシンプルなことです。

色々知りたくて随分探したのですが、結局見つかったのは「な~んだこんなこと、こどもの頃から知ってるじゃない」というような、とても簡単な言葉で表現できることです。

 

複雑でインパクトのある表現をした方が惹きつけられる人が多いのかもしれませんが、私は、日常の中に転がっている誰もが知っているような小さな喜びを拾い上げ、「ほらほら、これって素敵だよね~。みんな知ってたでしょ。」と言うように、ちょっとした大切なことを思い出せるきっかけを作りたいなぁと思っています。

 

基本的なことが最も大事にしたいこと

日々の営みの中で最も基本的なことがありますね。

例えば、身体の視点で言うと睡眠や呼吸など。

生活の視点で言うと、衣食住などです。

 

何をどうしたらよいのだろうと暗闇に迷い込んだときは、最も基本的なところに立ち返るのがおすすめです。

基本的な日々の営みと、基本的な身体のしくみの中にこそ、様々な問題を解決する糸口があると思っています。

私が学んできたことで行き着いたのは、結局基本的なことが一番大事なんだということでした。

やろうと思えば、誰でも、いつからでも、始められることばかりです。

 

私が好きな言葉に、「幸せはいつも自分の心が決める」という言葉があります。

今日一つ歳を重ね、幸せであること、健やかであることを選び、私がそう感じられる時間を長くしていきたいなぁと思います。

 

まだまだ未熟者ゆえ、いつもとはいきませんが・・・

 

毎日朝日が昇ることに、

胸一杯に空気が吸えることに、

美味しいごはんを食べられることに、

行ってらっしゃいと言ってお帰りが言えることに、

様々な出来事を共有できる家族や仲間がいることに、

喜びも悲しみも存分に感じ味わえることに、

今、ここにいるということに、

幸せを感じつつ、感謝の気持ちを込めて・・・

 

おわりに

長文におつきあい頂きありがとうございました。

ザザーッと大雑把にではありますが、これまでの軌跡を書いてみました。

これまでの経験などは、今後少しずつ記事にしていこうと思います。

よろしくお願い致します。

 

 

 

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください