toggle
2017-05-03

好きや楽しいは最高のモチベーション!それを体現し循環させる。

一人暮らしから考えると、家事を自分で担うようになって約18年。家事全般わりと好きな方だと思いますが、その中でも特に好きなのが料理と掃除。

これは18年前から変わらないことです。

だから、料理と掃除まわりのことも好きになって、例えばインテリア、整理収納、調理道具、掃除道具、器、などへと興味が広がり今に至ります。

SNSでも、実際にお会いする場面でも、家事のことが好きだったりできたりすると、「すごいね」とか「えらいね」とかって褒めて頂きます。

それは、褒めて頂いてありがとうって思うけど、「すごい」や「えらい」の自覚はありません。

だって、ただ好きでやっているだけのことだから。

ゴルフ好きな人が真夏の炎天下でもゴルフするみたいに、マラソン好きな人が苦しくても息を切らして走るみたいに、私はちょっと大変なときも楽しんで料理や掃除ができたりします。

私が好きでやってるだけだから、料理が苦手とか嫌いな人がいても、「そうなんだ~。」って思うくらいだし、掃除が苦手とか嫌いな人がいても、「そうなんだ~。」って思うくらい。

でも、家族のためにやらなくちゃいけなくて、もっと上達したいとか、楽にできるようになりたいと思っているとしたら、こうするともっとやりやすくなるし、楽しくなるかもしれないよっていうコツのようなものはお伝えしたいと思います。

母になったばかりの頃、いつの間にか「できるお母さん」になろうとしていたことがありました。
でも、それは到底無理だっていうのがわかって、それじゃ母として何ができる?って考えたときに、私が私の人生を楽しんでいる姿を見せることで、「大人になるのも悪くないし、生きていくのって大変だけどけっこう楽しいよ」っていうのを体現することでしかないような気がしたのです。

好きだから、楽しいから、大変なこともやれるし、一生懸命になれる。
それは、人に対しても、ものに対しても、ことに対しても。

未熟なもので、好きになれない人やもの、楽しめないこともたくさんあるのだから、好きや楽しいという感情で関われるなんてとてもラッキーなこと。
だからこそ、そこには今の私の最善を尽くしたいのです。

好きな人や、ものや、ことに関わっていると、こどものように無防備で一途で一生懸命な自分に出会えます。「あぁ、やぱり好きだな」と確認できる瞬間に出会えて幸せを感じる今日この頃。

好きとか楽しいって最高のモチベーション。
そういものが伝わって、循環していくといいなと思うのです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください