toggle
2018-11-22

陰陽五行や易経とのコラボレーション講座を開催する私の想い

こちらの記事は、LINE@で音声配信した内容を読みやすいように若干の修正を加えて掲載しております。

今回は、私が五行ランチや講座用のお食事を作らせていただいている、こやまとしのり先生の易経や陰陽五行講座とのコラボレーション企画について書いてみます。

最近、興味をもっていただいたりご質問いただいたりすることが多いので、なぜこの講座を開催しているのか、そのあたりについてお話したいと思います。

*****

私はこれまで、身体の学び、心の学びをたくさんしてきました。

それはたぶん、「自分」という存在の意味を知りたかったからだろうと思います。

 

最近ブログにも書いたように、苦しみから脱するためには、私がなぜそれを苦しいと感じているかを知らなければいけないと思っていたのです。

例えば親のこと、夫や子どものこと、職場での人間関係など、何かあれば相手を問題視し、その出来事を問題視し、そこを改善しようとしたり、そことの関わり方を修正しようとしたりしてしまいがちですが、最も知るべきは自分であり、まず取り組むべきは自分のことだと思っていたのです。

そうでなければ、どんなに子どものためと言って取り組んだところで、その場しのぎの上滑りするものになってしまうと、感じていました。

 

「自分と向き合う」とか、「こたえは自分の中にある」とか、そういうことが流行りの様に言われる中で、私もそうだと感じていたのでまずそこに取り組みました。

もちろん今でもその重要性は感じています。

実際その甲斐もあって、子どものこと、夫婦関係のこと、仕事の人間関係などでくよくよ悩むようなことも少なくなり、問題だと思っていた様々なことを全く別の見方ができるようになりました。

そして、以前よりずっと生きやすく穏やかな気持ちでいられるようになったと思います。

それでも自分の本能的なところで、最も根本的な「何か」を欠いているような気がしていたのです。

そのもう一つの大切な視点に気がついたのは、こやま先生の講座を受講したときでした。

 

私は陰陽五行や易経、東洋思想の講座を色々受講しましたが、そのなかで特に印象的だったフレーズがあります。

それは、「自分の身体、自分の内側の世界はもちろん完璧。でも、外側の世界だって完璧なんだ。」という言葉です。

身体や自分自身の存在を肯定するメソッドにはたくさん出会ってきました。

身体と繋がり、身体の声に耳を傾け、自分を愛する。

自分を蔑ろにして、外側に答えを求めることがいかに無意味かということも感じていますので、私自身もそういった言葉をよく使っています。

しかし、こやま先生はそれに加え、「外側も完璧」とはっきりと言い、それを体現しておられました。

 

これほどまで明確に、自分の言葉で、外側の世界を肯定することにとても驚きましたし、とても感動しました。

それは、外界に答えを求めるのとは全く違う、「私」と「私以外の全て」に対する絶対的な信頼のある言葉だと思います。

何か一つ足りないと感じていた視点が、まさにこの言葉の中にありました。

自分の身体、自分の内側はもちろん完璧な世界として存在しています。

でも、自分の外側だって完璧な世界としてそこにあるのです。

 

私たちにあるものは、全て外の世界にもあります。

私たちが酸素を吸い、二酸化炭素を吐き出せば、ひっくり返った外側の肺のように、草木は二酸化炭素を吸い、酸素を吐き出しています。

人間界がざわつけば、そのバランスをとるかのように自然界もざわつき、私たちが深く傷つけば同じように傷つき、そして、どうにかその傷を癒そうとしているのです。

 

(こやま先生のブログよりお借りしました)

陰陽五行について言えば、五行対応表のそれぞれの要素について単純に伝えてくれる講座や本はたくさんあると思いますが、

例えば、骨は五行の「水」にあたりますが、なぜ骨が水なのか、また他の、腎や恐れなどの要素と、どう関わっていくのか、そういったところまで教えてくれる場所はなかなかありません。

でも本当に大切なのはそういった根本原理であって、それを知ることで、考える道具になり様々な場面で応用して使っていけるものとなります。

こういったことは、ほとんど陰陽五行や易経の学びから私が教わったことです。

私は今の仕事を始めて、直接、またメッセージなどでプライベートに踏み込んだご相談を受けることも多くあります。

生き迷っている人がいる中で、付け焼き刃ではない学びを届けられたらいいなと常に思って、こういった講座の開催をしています。

一つだけ、私からおすすめしたい学ぶときのポイントがあります。

それは、「答えを求めて参加しない」ということです。

言っていることと矛盾しているようにも感じるかもしれませんが、答えを求めれば答えは見つかりません。

この私の音声を聴いていただいて、何か興味があるとか、何故か気になるとか、知りたくてワクワクするとか、そういうピュアな自分の好奇心の声に従ってご参加していただくのが良いのではないかと思います。

 

さて、今月末から新年1月に開催される講座がいくつかあります。

こういった内容にご興味ある方には、実際にお会いし、お話できる機会があると嬉しいです。

来週11月28日(水)広島開催「陰陽五行マスター講座2期・五行ランチ付き」

新年1月5日(土)奈良県開催「陰陽五行がわかる講座~暦編・五行ランチ付き」

新年1月7日(月)松山開催「はじめての易経講座・Natural processランチつき」

 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください