toggle
2019-02-08

『スリランカ紀行2019』⑤

コロンボ到着!

コロンボの街はこれまでのスリランカのイメージが覆るほど都会のリゾートといった雰囲気。

宿泊はゴールフェイスホテルです。

インド洋を臨む地に悠然とたたずむ、アジアでも歴史のある古いホテルなのだそうです。

自然豊かなホテルもいいけど、ゴージャスなホテルもやっぱり良いものです。

お部屋はこれまでを考えると丁度良い広さ。十分広いんだけど。

家具の色調やデザインが好きな雰囲気でした。

海風を感じるレストランも素敵。

食事を終えると、今日はみんなで過ごす最後の夜ということで・・・

夜遊びに繰り出す!

トゥクトゥクに乗って、車をかき分け進む。スリル満点!

着いた先はカジノ!

スリランカにカジノがあるって知らなかったけど、大人気分で初体験させていただきました。

大負けしないうちによい子は帰りましたが・・・到着早々ここでも私を焦らせる面白い?事件がありました。

これもここには書けないので、お話会のネタにします。

ホテルに帰り、いよいよ明日は最終日です。

スリランカ最終日

朝のゴールフェイスホテル。

スリランカの海はこちらより南側や反対の東側のほうがきれいらしいです。

今度はぜひ、スリランカの美しい海に行きたいな。

ずっとお米にスリランカのお料理中心で食べてきたので、この日はパンをいただきました。

このホテルは和洋とスリランカ料理が充実していました。

奥のスリランカオムレツ、日本でも作りたいお味でこれまた美味しい!

コロンボのビルとお買い物三昧

最終日の朝外に出ると、スリランカ独立記念の催しがされていました。

新しい高層ビルがどんどんと建設され、自然豊かでのんびりとしたスリランカがもう一つの顔を覗かせています。

行き交うたくさんの車、排気ガスで霞んだ空気、混沌とした建築現場、ビルとビルの狭間のゴミや汚水、湿った臭い。

そこに人がいる限り、近代化はきっと免れない。

そして現実に、その恩恵を私たちは受けて生きています。

「自然を守りたい。でも、利便性も求めたい。」

そんな私たち人間の深い欲求を目の当たりにしたような気がしていました。

最終日、空港まではお土産を買う時間に当てられました。

スリランカのスーパーマーケット。

品揃えが豊富で、見ているだけでも楽しいです。

私は日本で買うよりずっと安いオーガニックのココナツオイルと、ナチュラルハニー、ローカシューナッツを購入。

写真はありませんが、紅茶のお店で一番高級な柔らかい葉先だけを摘んでつくられたセイロンティーを買いました。

こちらは自分用と、一緒に味わいたくてお客さま用にも。

スリランカの旅シェア会や五行ランチのお客さまに少しですが召し上がっていただきますので、お楽しみに。日本の紅茶の概念が覆されます。

スリランカのおしゃれ雑貨店パラダイスロードやベアフットでも、お客さま用のマホガニー製スープボール、小鉢、こどもたちへのお土産にエプロンなどを購入。

私は真っ赤なロングワンピースをエプロンにしようと思って買いました。

日本に帰って着てみると、思っていたより体にフィットしてラインがきれいだったので、エプロンではなく普通にワンピースとして着ることに。

暖かくなるころ、どこかで着てお披露目します。

バイバイ、スリランカ♡日本に帰ります

空港に着くと、窓の外に最終日の夕焼けが広がっていました。

私はこの旅の間中、お腹を抱えて涙が出るほどずっと笑ってた。

優しくてあたたかくて自然豊かで、

でも無秩序で混沌としている、どこか懐かしいスリランカ。

そんな場所でともに過ごした人たちは、みんなちょっと可笑しくて、可愛らしくて、なんだかとっても愛おしい人ばかり。

私たちはきっと、ずっと前からこうして出逢うことが決まっていたんだ。

そんなことを考えずにはいられません。

『私』という枠を決めているのは私の意識だ。

だからいつだって、その枠を超えていける。

また世界を見に行こう。

バイバイ、スリランカ。

また必ず逢いに行きます。

*****

最後になりましたが、旅の間中お世話になったアスクミーツアーのバーバさん、現地ガイドのウダーラさん、愉快で奔放な私たちを見守り、まとめ、サポートしてくださって本当にありがとうございました。

お二人がいなければ、これほど安心して楽しめる旅にはならなかっただろうと思います。

深い敬愛とともに、心より感謝いたします♡

** お知らせ **

このスリランカ紀行で公開しきれなかった写真、書くには憚られるエピソード、現地での笑いと感動、それを通して私が今感じていることなどをお話しする会を開催いたします。

私がつくるスリランカ料理を召し上がっていただきながら、お話を聴いていただくラフなスタイルです。お料理の作り方、材料はご質問にお答えします。

スリランカの旅を少しでも感じていただけるように、私らしくエッセイ風に構成しようと思っていますので、初めましての方もいつもお会いする方も、ぜひ楽な感じで来ていただけると嬉しいです。

ご興味ありましたら、広島、大阪、東京どこかでお会いしましょう♪

〈広島会場〉 2月20日(水)11:00~14:00 広島市祇園Natural process

〈東京会場〉 3月15日(金)13:00~16:00 四ッ谷One kitchen

〈大阪会場〉 3月22日(金)11:00~14:00 塚本カルチャースペーススマイル

  • 参加費は飲食代込みで広島5000円、大阪・東京5500円を当日受付にてお支払いください
  • お子さま連れ可能なイベントです
  • 駐車場は広島のみ先着で2台まで、東京と大阪はご用意がありません
  • 食物アレルギーの対応はできかねますが、ご自身の判断で食べられるものだけ召し上がっていただいて構いません
  • キャンセルの場合のキャンセル料などいただきませんが、できるだけ早めのご連絡をお願いいたします

お申し込みはこちらのフォームから、お会いしたことがある方はメッセージからのご連絡も受け付けます。※すでにコメントやメッセージで参加を表明してくださっている方は再度お申し込みは不要です

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください